日々おさしみ

日々のこと、考えること、いろんなことを徒然とかくブログです。

スポンサードリンク

おなら を語る

お題「わたしの黒歴史」

 

わたしの黒歴史

 

思い出してみるといろいろなことがあるのだけれど、すぐに思いつく黒歴史が一つ。

 

中1の運動会の閉会式。

どうしても我慢しきれず、無音のおならをしようと頑張ったものの、大きな音のおならが出たこと。

 

もともとおならがよく出るタイプだ。

プップッとリズミカルに出せる。

バッという爆発タイプも得意。ただしこれには少々痛みを伴う時がある。

ペギッという変形タイプもできるし、ファスーという無音に近いものも。

ビィと鳴ったときは少しおなかが心配になる。

 

そんなわたしだから、無音で出すことにはかなり自信があった。

でも、人がたくさんいるところだし、ずっと外で疲れ切っていたし、一瞬の油断があったといえばウソじゃないと思う。

 

音が出た!と認識した時にはもう遅い。

そりゃそうだ、周りにも聞こえているのだから。

 

「・・ちょ、サシミ・・」

と後ろにすわっていたJちゃんがつぶやいたことがいまも忘れられない。

そんな思春期の黒歴史でした。